枯れないお花、プリザーブドフラワー

subpage01

プリザーブドフラワーは枯れないお花として人気があります。

特殊な加工を施してあるので、生花のままの様相を保っているにもかかわらず、水やりも肥料も必要ありません。


プリザーブドフラワーは生花よりも少し高価ではありますが、華やかなアレンジが多く、高級感もあるので、一輪でも十分なインパクトを持ち、記念品や贈り物として最適です。また花粉がない事も大きな特徴で、花粉症の方へ花を贈る場合は気を遣わなくて済みますし、病院など生花を制限する傾向のある公共機関への持ち込みも可能です。



メンテナンスが必要ないためお見舞いに喜ばれます。また、消臭効果をつけたものや花粉がないなどの点を生かして、仏壇を飾るお花にもよく使われます。


プリザーブドフラワーの茎の部分は通常ワイヤーで代用されることが多いので、生花よりも角度に自由がききます。

花だけでなく、葉っぱもプリザーブドフラワーに加工できます。

色合いについては、加工する工程のなかでいったん色を抜き、その後着色します。

エキサイトニュース情報を網羅した総合サイトです。

そのため生花の時の色を忠実に再現できるだけでなく、自然界にない色も再現することが出来ます。



そのため、さまざまなアレンジに使用可能です。


プリザーブドフラワーは紫外線にあまり強くなく、窓際に置くとすると退色する場合もあります。

またデリケートで壊れやすいので、ほこりがつくと掃除がしにくいという難点もあります。


これらの点に気を付けて取り扱えば、インテリアとして長く楽しめるお花です。