プリザーブドフラワーとは

subpage01

プリザーブドフラワーとは、生花に特殊な加工を施すことにより、その鮮やかな色合いや形をそのままに長期間保つ加工花のことを言います。


プリザーブドフラワーという言葉の語源は、英語のプリザーブ(preserve:保存する)という単語となっています。

Girls Channelにまつわる情報をまとめています。

1987年にフランスで世界初のプリザーブドフラワーが発表され、1991年には「長寿命の切花製法」という世界特許の認定を受けました。



この製法は水やりも不要で枯れることのない保存性とカラーバリエーションの豊富さによりフラワーアレンジメントの可能性を広げ、多くのフラワーアーティストたちの作品に取り入れられることとなり、欧米諸国を中心として発展しました。その後世界中における数々のショーで話題となり、日本のフラワー業界へも取り入れられ、現在の人気に至ります。
プリザーブドフラワーの製法は、生花の脱水、染料による浸漬、最後に乾燥させるという工程となります。


ちょうど見頃を迎えた花を摘み取り、脱水作用のある脱色液に花を漬けて樹液を一旦抜き取り、花を取り出し特殊なオーガニック系染料を吸わせて、乾燥させます。手間のかかる製造工程により生花の花姿をそのまま残し、グリセリン成分使用のおかげで花弁のしなやかさも保ちます。

またプリザーブドフラワーの染色は、その花自体の持つ吸い上げる力を利用していますので、人工的な着色とは違ったナチュラルな色合いとなります。



鮮やかなグリーンやハワイアンブルーのような、生花では見られない色合いなどにも染色が可能です。